FAEロゴ 福岡空港エンジニアリング株式会社
HOME メンテナンス 施工・管理 安全衛生管理 会社沿革 会社概要
安全衛生管理
安全衛生管理
徹底した安全衛生管理
各種工事はもちろん、メンテナンスなどすべての業務を安全に進めていくことはいうまでもなく仕事の基本です。月始めの「安全祈願祭」の他に「安全衛生委員会」「安全管理勉強会」や「安全パトロール」等をとおして、一人一人が安全に対する意識を徹底させるよう努めています。
安全祈願祭
2礼2拍手1礼、月初めに安全を祈願します。
安全スローガンや毎月の安全重点事項の確認。「今月もどうぞご安全に!」

安全衛生委員会
毎月1回開催される安全衛生管理の主軸ともいえる組織です。
ここでのさまざまな決定事項が、会社全体の安全衛生の指標になっています。
安全管理勉強会
安全衛生全般について毎回テーマを変え、さまざまな角度から学習。ビデオを使っての学習も取り入れています。



職場・現場巡視
環境測定、作業手順の確認など、危険・有害箇所をチェックし、早期改善を行うことで職場環境の改善を図っています。



リスクアセスメント活動
職場にある様々なリスク(危険性又は有害性)を見つけ出し、これを除去、低減することで安全の先取りに努めています。また、全従業員が参加することで、リスクに対する安全意識の向上にも繋がっています。
 
安全パトロール
空港全体が忙しくなる時期ほど、気を引き締めなければなりません。
事故を未然に防ぐ為、年2回の繁忙期の安全パトロールは欠かせないものになっています。建物や設備の点検だけではなく、緊急時の連絡体制や対応についても再確認を行っています。



ヒヤリハット活動
現場で体験したヒヤリハット事例を報告し、対策及び周知することで、重大な災害や事故の未然防止に努めています。



その他
4S活動
健康管理の推進に関する活動 など
copyright